=========================================================================
■しもだて紫水ロータリークラブ会報■
2007年12月25日(火) 第942号 
-メール会報「第25号」-
=========================================================================
目次
1.会長挨拶
2.地区研究会出席報告・国際奉仕高橋委員長・ロータリー財団三宅委員長
3.会員卓話・百目鬼晋会員「市政報告」
4.幹事報告
5.スマイルBOX発表
6.出席率発表
7.本日のプログラム
8.次回例会案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.会長挨拶
__________________________________________________________________________
 皆さんこんにちは。
今年も10日あまりとなりました。月日のたつのは早いものです。今年の世相を表
現する字が「偽」という字になりました。
 我々ロータリーでも4つのテストというのをやっていますが、今年は社会の中で
悲しいことがたくさんありました。
 今日の株価を見ても厳しい状況で、年当初は株価2万円なんていう話も合ったの
ですが、ほんとに厳しくなっています。
 そんな中で、今日は百目鬼会員に市政報告をお願いしています。身近な自治とい
うことで、筑西市では市民病院の問題、保育所の問題と色々あるようです。
そういう中でがんばっている百目鬼さんに報告をお願いします。
 風邪がはやっているようですが、来週は最終のクリスマス例会ということで、多
数のご家族の参加をお願いしてご挨拶にさせていただきます。

写真はこちら→ http://www.shimodate-shisui-rc.jp/photoalbam07-08/12.18/masubuchi.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.地区研究会出席報告
__________________________________________________________________________
三宅剛史ロータリー財団委員長
 9日にロータリー財団と国際奉仕の研究会ということで、私と高橋会員で出てま
いりました。研修リーダーで萩原パストガバナーも出席されていました。
 私の方は午前の部で、もう一度ポリオについて皆さんのご支援を引き続きお願い
したいということ、それと認証ポイントにつきまして、貯まっていて活用されてい
ないクラブが多いということで、近く廃止されるかもしれないということで検討さ
れており、きちんと活用していかなければならないということでした。
 最後にマッチンググランドで、しもだて紫水に関しましては鮭の放流で補助金を
得ていますが、2820地区ではすでに20のプロジェクトがあがっており、そのなかで
承認が済んでいるのが7つか8つという事です。
 その中でアクティビティレポートというのを出さなくてはいけない、最終支払日
より11ヵ月後までに報告書を提出しないと次回から補助金を受けられない、これ
は紫水クラブが受けられないのではなく、2820地区が連帯で受けられなくなるので、
再度徹底をお願いしたいとのことでした。

写真はこちら→ http://www.shimodate-shisui-rc.jp/photoalbam07-08/12.18/miyake.html

高橋巌国際奉仕委員長
1.青少年交換について
 瀬戸青少年交換委員長より2008-09年度の国際親善奨学生4名の紹介がありました。
2.財団奨学生・学友について
 大久保国際親善奨学生・財団学友委員長より学友についての説明があり、学友会
 の紹介と会長挨拶がありました。
3.研究グループ交換(GSE)について
 清水ロータリー財団委員長より2007-08年度についての説明がありました。
 交換地区 2481地区(ギリシャ北部・セルビア南部)
 交換日程 ギリシャ派遣日程 2008年5月2日-5月30日
      地区受入れ日程  2008年6月2日-6月30日
 受入れホスト分区は、奇数分区1,3,5,7分区が担当になります。
4.フィリッピン歯科医療奉仕報告
 大森友好地区担当委員長より
 11月21日、22日、23日、3日間の奉仕報告で、歯科医でない笠倉会員のような参加
 者が増えると助かると言っていました。
5.世界社会奉仕の報告
 酒寄世界社会奉仕委員長より
 「この指とまれ」事業の成果報告がありました。

写真はこちら→ http://www.shimodate-shisui-rc.jp/photoalbam07-08/12.18/takahashi.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.会員卓話・百目鬼晋会員「市政報告」
__________________________________________________________________________
 みなさんこんにちは。
12月定例会が昨日終りました、資料として3冊、筑西市の広報関係の資料です、あと
で見ておいてください。今
 今日の新聞に大きく筑西市の市民病院のことが出ていました。私は審議会の副会
長、委員会の方の委員長ということで、現状はどうなっているか、お話したいと思
います。
 資料に載せてあるのが、茨城新聞、読売新聞とすべての新聞にでています。
結論から言いますと、以前あった検討委員会の中では筑西市の市民病院は今の状態
で2年後に黒字化するという計画を作ったわけですが今年の6月では達成できないと
いうことになりました。
 それで今度は評価委員会と言うのができたのですが、医者が14人中7人が12月中
に辞めてしまい、評価のしようがない、そこで審議会というのができたんです。審
議会では12月で結論を出し、市民病院は地元の病院として残すべきである、ただ、
今の形態ではよろしくない、どうすればいいかと言えば、独立行政法人であるとか
公設民営だとかいろいろありました。
 結局は公設民営化、市が設置して民間に管理を任せ、補助金を出していく、もう
ひとつ公設企業の全部適用にする、現在は一部適用なのですが、全部適用にすると
給料等もいじれるので県立病院も先ごろやりました。
 私もこれを訴えたのですがなかなかやってもらえない、労組との調整がついてい
ないようです。その下に載っているのが、議会の特別委員会の発表ですが、議員と
しては市民病院は昭和47年にできて、建て替え時期に来ている、看護士さんの給料
も准看護士で平均約1千万円など、人件費割合が83パーセントと、世界一人件費の高
い病院が筑西市の市民病院です。
 そんな病院は無いんです。平均年齢が高い、技術職手当てが大きい、人件費割合
を下げない限り無駄だと、お医者さんはどうなっているかというと平均が1千5百万、
これはちょっと低いです。
 そこを上げていない、看護士さんが1千万でお医者さんが1千百万円から、それは
おかしいだろうと9月に言いましたが、まだ改善されていません。やることが遅いで
す。みなさん社長だったら次の日からやっちゃうと思います。
 この病院問題をどうするか、つぶせばいいだろうと皆さんおっしゃいますが、つ
ぶしても百人以上いる10億の人件費のうち52人がやめる、任用換えが38人くらいな
んですね。7人の医者のうち、外科が4人内科が1人なんですが、173床が今度は60床
になります。これで対応できるのかということです。
 ここは自治医大にいく率が高いのですが、自治医大では年間3万6千人ほどの患
者のうち1/4が小山市からなんですね。小山市に対して自治医大は正式に受け付け
ないのでまわさないで欲しいと文書で言っています。
 筑西市の医師会、市役所にも自治医大にあまりまわすなという文書が届いていま
す。この辺は小児科がないので、全部行っちゃうんですね、ここには二次医療機関
が無いんです。私の同級生の小栗の落合先生も大圃先生もみんな赤字でベッドを持
っていない、それでみんな自治医大に行く、しかし自治医大は三次医療機関なんで
す。
 プライマリーケアの一次医療機関が町医者です、二次医療機関が県西病院、中央
病院、市民病院でネットワークを組んでいますが、市民病院は機能していません。
市民病院が二次医療機関として使えないということはこの筑西市の医療崩壊という
ことです。
 たとえばインフルエンザが流行して子どもが肺炎になったと、20人30人、自治医
大に運びます、自治医大はパンクします。自治医大の先生は年間予約で診療してい
るけれど、急患が入るとそっちにまわる、もうパンクしているということで、どう
しようもない、そのために筑西市は二次医療をしっかりやれ、という文書が来てい
るわけです。
 そこで私が提案しているのは小林にある日曜祭日の診療所、地元医師会でやって
いるわけですけれども、あれを市民病院でやれないのか、いつでも医師会は協力す
るとのことでしたが、市ではいろいろ面倒なことを言っていて実現していません。
全国には26万人の医師がいるそうですが、決して多くないです。
 なぜ地元医師会と連携できないのか、民営かもいいけれどもそっちが先ではない
のかと思います。
 その他の話として、財務増大をどうなったのか、全部そこに入れてあります。
公債比率は18.9パーセント、これは年間で税として入るお金の借金比率で県内ワー
スト4位です。
 もうひとつワースト1というのが経常収支比率です。どれぐらい財政的に余裕が
あるか、99.8パーセントで、茨城県最悪のサービスができない自治体で、スピカの
来年のコストが1億、アルテリオにしても市民病院にしても9億、県西病院にも1億
の経費を払う、市民病院の赤字に去年が7億、今年が8億と3月にまた補正で10億に
なります。県西病院と市民病院、二つの赤字病院を抱えています。
 市内の小学校は小クラスが多いのですが、建て替え問題が起こってくる、そうい
う財政の中でどうするんだという問題が起こってくると思います。

 短い時間の中でしたが、簡単に病院の現状を中心にお話ししました。
ご静聴ありがとうございました。

写真はこちら→ http://www.shimodate-shisui-rc.jp/photoalbam07-08/12.18/doumeki.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4.幹事報告・12月18日
__________________________________________________________________________
1.結城RCより
・IM大会につき当クラブ会員名簿提出要請受理。
2.筑西きぬRCより
・12/26(水)の例会は移動例会。鉄板職人「ちゃんちゃら」
3.下館国際交流友の会より
・会報受理。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5.スマイルBOX・12月18日
__________________________________________________________________________
増渕 慎治会員 百目鬼会員、本日の卓話ありがとうございました。
小倉 重則会員 百目鬼会員、本日は卓話有難うございました。高橋会員、三宅会
        員、研究会出席ならびに報告後苦労様でした。
佐藤 世事会員 明朝より25日夕刻まで出張します。25日のクリスマスパーティー
        all familyで参加させていただきます。
荒井  武会員 12月は誕生月です。最近は物忘れが激しくなり年齢も忘れました。
永島 正樹会員 あまり経験した事のない年末です。「ともかくも あなたまかせ
        の 年の暮」一茶
小沼 英生会員 社用で早退致します。申し訳ございません。
谷島 隆広会員 百目鬼会員卓話ありがとうございました。
坂入  光会員 風邪をひいてしまい体調不良ですので、中座させていただきます。

本日の合計 8件  20,000円
本年度累計    672,796円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.出席率報告・12月18日
__________________________________________________________________________
会員総数 46名  計算に用いる会員数 41名
出席会員 33名  メイク数 4名
出席合計 37名  出席率 90.24%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7.本日のプログラム・12月25日
__________________________________________________________________________
12月25日(火)午後7時より
クリスマス例会・家族親睦例会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8.次回例会案内・1月9日
__________________________________________________________________________
1月9日(水)午後6時30分より
筑西市内3クラブ合同新年会・ダイヤモンドホール
「つたや」さんからバスが出ます。午後5寺50分発です。
==========================================================================
しもだて紫水ロータリークラブ Dist.2820 ClubNo.25628
会長 増渕慎治 幹事 小倉重則
IT・クラブ会報委員会 委員長 永島正樹 副委員長 坂入光
e-mail cico@shimodate-shisui-rc.jp
website http://www.shimodate-shisui-rc.jp
==========================================================================