しもだて紫水ロータリークラブ公式サイト
| リンク | メール |
ようこそ、しもだて紫水へ
クラブ概要

事務局・例会場
 〒308-0041
 茨城県筑西市乙907-1
 ホテルニューつたや
 TEL0296-24-8181
 FAX0296-24-7967
リンク

会長メッセージ


















2021~2022年度
しもだて紫水ロータリークラブ
会長 新 井   誠


スローガン
前向きに挑戦しよう!


 当クラブが創立34年目を迎える今日、未だ世界中で新型コロナウィルス(COVID-19)が蔓延し、人類が脅威にさらされています。ワクチン接種は始まったものの先行きが不透明のまま経済活動や社会活動に制限が課されているなか、ロータリーも従来通りの例会開催や親睦をはじめとする各種活動の機会が失われています。このような環境下にあってもロータリーの奉仕の精神を失うことなく諸先輩方により築き上げられた歴史や伝統を大事にしつつ、今の時代に即したクラブ運営を1年間行って参りたいと思います。
 RI2021-2022年度シェカール・メータ会長は“SERVE TO CHANGE LIVES”「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」をテーマに掲げられました。奉仕は施される者の人生を豊かにするだけでなく、自分の人生の最高の生き方だと述べられています。そしてRI2820地区では新井和雄ガバナーが「Think Globally , Act Locally」のスローガンのもと、地球環境保全に地域社会からアプローチし、持続可能な発展に資する奉仕活動を推進することを目標に掲げられています。
 私は本年度、RI及び地区の目標を念頭に、先行きの見えないコロナ禍にあってもクラブが地域社会に持続的に貢献し続け、発展していくために次の方針を定め挑戦して参ります。

1. 会員の増強
確固たる会員基盤があれば、奉仕活動の可能性も広がり、地域社会における存在感も高まると考えます。漠然と増強を語るのではなく、明確な数値目標として50人クラブを目指し挑戦したいと思います。会員増強委員会だけでなく、全員が増強に取り組める施策を行います。

2. インターアクトクラブの支援と挑戦
前年度野口年度においてインターアクトの提唱クラブとなることが決定し、本年度が
初めての活動年度となります。手探りでありながらも若者とともに新しい奉仕の形を模索し、挑戦してまいりたいと思います。

3. IT化の推進
Facebook・InstagramなどのSNSを駆使しクラブの公共イメージを向上させるとともに、ZOOMに代表されるWeb会議の導入に挑戦し休会のない例会運営を目指します。これは更なる出席率の向上にも役立つものと考えます。また、My Rotaryの積極活用を通して、持続可能なクラブ運営を目指します。

以上のことを念頭に、まずは会員の皆様の健康と安全を最優先して進めてまいりたいと思います。このような時期だからこそ明るく元気に前向きに会長としての責務を果たしていく所存です。会員の皆様のご理解とご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。




しもだて紫水ロータリークラブ